基本知識を知っておこう!香典返しの選び方

香典返しをする時には、香典の相場の確認が大切

宗教の違い

最近は、香典返しをすることが当たり前になっています。しかし、宗教によっては、香典返しが無い場合もあります。また、香典返しの選び方もポイントがあるので、確認しましょう。

宗教による香典返しの違い

仏教

仏教は、香典返しをする習慣があります。そのため、表書きの書き方が決まっており、地域によっても様々です。一番無難な書き方は、「黒白結び切り水引」上段「志」下段「施主の姓」です。

神道やキリスト教

香典返しという習慣は、神道やキリスト教にはありません。しかし最近は、お礼の意味を込めて、贈り物をすることもあります。その時の書き方は、「黄白結び切り水引」上段「偲草」下段「施主の姓」です。

基本知識を知っておこう!香典返しの選び方

香典返し

基本知識

最近は、香典を頂いたお礼に香典返しをすることが当たり前になっていますが、本来は必要ありません。香典は、故人の冥福をお祈りし、霊前に供える金品だからです。香典返しを渡す際には、基本的には、四十九日の忌明け後が良いとされています。

香典返しの相場

香典返しは、お付き合いの程度によって代わりますが、基本的には「半返し」が適切です。最近は香典の4~6割で返すことが多く、頂いた額の半返し相当の香典返しを選ぶことがポイントとなるようです。

その他の香典返しの対応

職場の方など連名で香典を頂いた場合には、その人数で食べることができるものが最適です。また、供花・弔電などの香典以外のものを頂いた場合にも、半返しをするようにしましょう。

自分の地域の香典の相場を確認

この様に、香典を頂いた場合には半返しがをするようにしましょう。地域によって、香典の相場も異なるので、自分の地域の相場を確認する必要があります。また、最近は香典返しのカタログもあるので、利用しましょう。