小規模葬儀で故人を静かに見送れる!家族葬のメリット

家族葬は故人としっかりお別れすることができるのがポイント

小規模葬儀がおすすめ

葬儀には、様々な種類があります。最近は、小規模で行う葬儀の家族葬を行う遺族が多いようです。故人の高齢化により、参列者が減少傾向似あり、小規模の葬儀が多くなっています。

家族葬のマナー

  • 親族以外の参列は避ける
  • 香典を辞退する
  • 親しい人は後日線香をあげる
  • 葬儀の連絡は電話で行う

小規模葬儀で故人を静かに見送れる!家族葬のメリット

お花

葬儀に掛かる費用を抑える

門真市で家族葬をする大きなメリットは、葬儀に掛かる費用を抑えられることです。飲食費や返礼品を省くことができ、葬儀に掛かる費用も大幅に抑えることができます。家族葬は、遺族へ負担が掛からないようにと、故人が希望することが多いようです。

しっかりお別れができる

一般的な葬式の場合は、参列者の対応で故人としっかりお別れをする時間がありません。しかし、家族葬なら、参列者が身内だけなので気配りが必要ありません。また、家族の時間をゆっくり取ることができるので、故人との別れに向き合うことができます。

故人の趣味に応じた葬儀

家族葬は、基本的に決まりはありません。なので、故人の好みの葬儀を行うことができます。好きだった音楽を流したり、ご飯を食べたりと様々な方法で、見送りをすることができます。

注意すること

家族葬をする際には、参列者の人数に気を付ける必要があります。50名を越えてしまうと、一般葬になってしまうので親族のみの声掛けをしましょう。また、親族以外の人が後日来客する時のために、会葬返礼品の準備も必要です。

家族葬が選ばれる理由

家族葬が選ばれる大きな理由は、現代の価値観にあるようです。気心知れた親族のみで葬式を行なって、費用を抑えるだけでなく、静かに見送って欲しいと考える人が多くいます。