供養方法について知ろう!永代供養の特徴

永代供養をすることによって、遺族の負担を軽減できる!

供養方法について知ろう!永代供養の特徴

お葬式

永代供養とは?

永代供養は、お墓を持たずに遺骨を寺院や霊園に預ける方法です。最近、お墓の管理をする継承者がいないことが理由となっています。寺院などがしっかり供養や管理を行なってくれますが、依頼先によっては、「永代」で供養できないこともあるので、確認してみましょう。

遺族の負担を軽減

供養も管理も、京都の寺院や霊園に任せることができるので、お墓に掛かる費用や、遺族の負担を軽くすることができます。また、宗派も問わないので、誰でも永代供養を利用することができるのもメリットです。

注意点も確認しておこう!

永代供養の場合は、合同墓になるので、他の人と一緒に骨を埋めます。なので、一度預けてしまうと遺骨を取り出すことができなくなってしまうので気を付ける必要があります。また、供養の回数も決まっているので、供養を希望する場合には、事前連絡をしましょう。

永代供養の大切なポイントランキング

no.1

供養方法

供養方法は、「分骨型」「合祀型」の二種類あり、どちらも費用を抑えることができます。しかし合祀は費用は安価ですが、お骨を一度収めてしまうと、取り出すことができません。なので、供養方法は最も大切なポイントです。

no.2

供養するまでの期間

始めは分骨型で供養をし、一定の期間が過ぎたら合祀型での供養をすることが一般的です。しかし、合祀型に切り替わるまでの期間は大きく異なります。できるだけ分骨型にしたいという方は、期間の確認が二番目に大切です。

no.3

依頼先の供養に対する考え

依頼先には、供養や管理を行なってもらいます。また、長い期間供養を行なってもらうので、依頼先の確認も必要です。供養に対して、どのような考えを持っているのかなど前もって確認しましょう。